キャッシングを利用してる人って結構いるの?

お金がないけど急な用事でどうしても必要!って状況の時、とても便利なのがキャッシングサービスですよね。
キャッシングなら申し込んで審査に通ればあとは24時間いつでもどこでもお金を借りることができますし、幅広いお金の使い方ができますよね。
お金を借りるというのは友人や親には頼み辛いものです。なのでキャッシングはそういった信頼関係を崩さないためのツールでもあるんですよね。

しかし実際にどの程度の人がこのキャッシングを利用しているのでしょうか?
キャッシングというと「アコム」や「アイフル」、「プロミス」といった大手消費者金融が浮かぶ方も多いかと思いますが、これらを利用しようとしている自分はかなりマイノリティなのではないか?と不安になってしまうこともあるかもしれません

しかし実はキャッシングを利用している人はものすごく多いのです。
周りに全然いない!と思われるかもしれませんが、もし自分がお金を消費者金融から借りたとして誰にも言うことはありませんよね。
なのであまり使ってる人がいないように思えるだけで、現実はそうではないのです。

それに利用している人が少なかったらあんなに有名人を起用してCMをバンバン打てませんよね。
それだけ広告にお金を使っているということは、お金を借りている人もかなりの数ということです。

なのであまり不安に感じず一歩踏み出して利用してみてくださいね!

プロミス在籍確認

いまいちキャッシングのことが分からない!という方はこちらのサイトをご覧になってみてください!
ここは初心者の方でも分かりやすく銀行や消費者金融のキャッシングについてまとめられているのでかなりオススメですよ!

会社にあまりいない場合在籍確認ってどうなるの?

お金がない時に限ってお金を使わなければならないことってありませんか?
お祝いごとだったり、帰省しなければならなかったり…。
実家が地方の方の場合は帰省するだけでも数万円とかかってしまったりしますよね。
親に迷惑をかけたくない…等ということで両親からお金を借りたくない方は多いと思います。

そこで便利なのがキャッシングです!
最初は少し抵抗があるかもしれませんが、システムを理解すればこんなにも便利なものはなかなかないと思うはずです。

しかしキャッシングは便利だと言っても申しこめばすぐに借りられるというわけではなく、その前に審査というものがあります。
これに通過して初めてキャッシングを利用できるのです。

その審査で多くの方が気になるかと思うものがあります。
それは「在籍確認」と呼ばれるものです。

在籍確認とは、申込者が実際に申込時に記入した会社にいるのかどうか、ということを確認するために金融機関側が会社に電話をすることです。

しかし本人がその電話に出られるのならいいのですが、なかなかそうはいきません。営業や出張等で社内より外にいる方が多い方もいるはずです。
そんな時に会社に電話があったら当然同僚にお金を借りようとしていることがバレるのではないか…と不安になりますよね。

しかしそこは安心して下さい。金融機関は会社名を名乗ることは絶対にありませんし、在籍確認はその会社に在籍していることを証明さえできればいいのです。
もし申込者が外にいたとしても電話対応した人は「席を外しております」や「外出中です」といったようなことを言いますよね?
これでその会社に在籍しているという証明になるのです。なぜならもし在籍が嘘だったら「そのような人はいません」となるはずですからね。

いかがでしたか?このように社内にいなくても在籍確認はとれるので安心して下さいね!

こちらは多くの消費者金融がまとめられているサイトです。
とても分かりやすくまとめてあるので初心者の方に特にオススメですよ!是非ご覧になってみてください!

キャッシング審査で避けるべきこと

キャッシング審査ではやってはいけないことがあります。
それは比較審査であり、例えば気になる業者が5社あるとき、立て続けに5社で審査を受けてしまうような行為をしてはいけません。
申込者がいつどの業者で審査を受けて、契約できたかどうかというデータは、すべて個人情報機関に残っています。
いろいろな業者で審査を受けてダメになったことを知れば、その他の業者も警戒するでしょう。
しかし、比較審査を行っても問題ないケースもあり、それは簡易審査になります。
仮審査、借り入れ診断などと名称はいろいろありますが、どれも同じものです。
仮なので詳しい個人情報は不要であり、氏名も住所も記載しなくていいのです。
自分であることを業者に知らせる必要がないので、この審査であれば5社で受けても何ら問題ありません。
過去のキャッシングの審査と同じ感覚で考えている方は、今の審査基準に合わせる必要があります。
昔よりは借りるのが確実に難しくなっており、昔の100万円と今の50万円では、後者のほうが借りるのは難しいです。
30万円~40万円借りる感覚と同程度と考えるといいでしょう。
そして、総量規制という貸し付け制限について知っておくことも大切です。
銀行は適用外ですが、消費者金融は総量規制による制限を受けるので、希望する金額は年収を3で割った金額よりも少なくする必要があります。
年収500万円では、決して200万円の融資を受けることはできませんので、多くとも150万円くらいに抑えておくべきでしょう。

 

キャッシングは利便性の高いものを選ぶ

いろいろな業者でキャッシングが利用できますが、私が利用しているのはクレジットカードに付帯しているキャッシングです。
なぜクレジットカードのキャッシング機能を利用しているのかというと、審査の必要もなくすぐに借りられる状況だったからです。
普通は審査に申し込み、審査を受けて通ったらお金を借りられるという仕組みになっています。
最近は即日で対応してもらえることも多いですが、それでもやっぱり申し込むまでに時間がかかるでしょう。
私はとにかく今すぐにお金が必要だったのです。
そんな時クレジットカードを持っているだけでお金を引き出すことができるため、すぐさま必要なお金を用意することができました。
クレジットカードを持っているということは、お金が借りられると認められた状態でもあります。
そのためお金を借りたいからといって別で審査を申し込んだりする必要がありません。
クレジットカードを申し込んだ時に同時に機能が付帯してくるもの、自分で付帯できるものがあります。
付帯しなかったからといって一生使えないわけではありません。
後から連絡をして付帯してもらうこともかのです。
私の場合初めからクレジットカードに機能が付帯しており、おまけにサービスを利用するとポイントもつくという嬉しい特典までありました。
どうせ使うなら少しでもお得に使いたい、という気持ちだったのでポイントが付いたおかげでほしかった商品がすぐに手に入りました。
クレジットカードでの利用も悪くありません。

逆オイルショックで原油価格はどこまで下がる!?

ここ最近原油価格の急落が続いていますね。
原油価格が下がったことの指標としては、ガソリンスタンドの1リッターあたりの価格が目安になると思いますが、ついこの間まで150円代だったレギュラー1リッターあたりの価格が最近では120円台後半にまで下がってきています。なぜこのようなことが起こっているのか、今回はそのことについて調べてみました。

この背景には中国経済が大きく影響しているようです。中国経済はこれまで急速に発展し、原油の需要が一気に拡大したことによって原油の価格が上昇しました。しかし、最近の中国経済の停滞により原油の需要が減り、その結果として原油価格が急落しているということが影響しているようなのです。

他にも、アメリカが開発したシェールオイルというのも影響しているようです。このアメリカが開発したシェールオイルにより原油の需要が更に減少し、オイル市場をこれまでの中東からアメリカが主導権を握ろうとする主導権争いも背景にあります。このシェールオイルの価格よりも安くすることで中東はオイル市場の主導権を渡さない動きを見せているのですが、結果としてそれが原油価格の急落を生んでいるとも言えるのです。

消費者にとっては嬉しいことなのですが、この原油価格の急落が今度私たちの生活にどう影響を及ぼしていくのでしょうか。一説によると、原油関係に投資をしている大手投資家が一斉に投資物件を手放すことにより金融市場が混乱すると言われています。その混乱は当然日本経済にも影響を及ぼし、結果として経済的なダメージを被ることもあると言われています。

価格が安くなるということは単純に良いということだけではないということです。
引き続きオイル価格の動向には注意が必要だと言えると思います。

3Dプリンタで移植用の臓器開発へ

何かと巷を賑わせている3Dプリンタですが、なんと移植用の臓器開発の研究が進められているというニュースが飛び込んできました。これまで私が見た3Dプリンタというのは、実物を等身大のまま立体で物質化するものだったり、人を撮影してそのまま色まで塗ってフィギュアを作れてしまうなどそういうものでした。3Dプリンタという技術は確かにすごいですが、用途はそれくらいだろうな…と思っていました。

そしたらなんと、臓器開発の研究が行われているということで 3Dプリンタってどんだけ無限大やねん!と思わず関西弁になるくらいに思ってしまいました。なるほど、こういう使い方が出来るということは本当に無限大の可能性がありますね。臓器が出来るということは、建造物なんかは簡単に出来てしまうでしょうね。この技術は本当にすごいと思います。

こんなすごい3Dプリント技術ですが、なんと1980年代には初期型が出来ていたってご存知でしたか?1980年というともう35年も前のことですからね。今でもすごいと思うのに、そんな時代から3Dプリンタを考えていたなんて…人類は本当に恐るべしですね。

それにしても、これから3Dプリンタはどんどんビジネスシーンに参入してくるでしょうね。
確かに、こんなに簡単に、しかも精巧に3D化が出来てビジネスにならないはずがありませんからね。参入したいと思っている人はたくさんいるんでしょうけど、これがすごく高いと有名な代物ですから一般の方はなかなかここに踏み入れるのは難しいと言えるでしょう。

結局大手企業がこういうところも賄っていく訳ですよね。
でも本当に面白い技術だと思うのでどんどん進歩していって欲しいですよね。
臓器移植が実現し子供の誘拐事件が無くなることを祈っています。

自分に合ったキャッシング会社の選び方

キャッシングの利用を考えている人にとって、何気に面倒なのがキャッシング会社選びです。借りようと試みてみるものの、結局キャッシング業者をどこにするかが決まらなくてキャッシング自体を止めたという人は実は結構いるんです。確かに、キャッシング業者はすごくたくさんありますし、それぞれ微妙にサービスなども異なるのであそこから選ぶとなると考えてしまうのも頷けます。

そこで、キャッシング会社の賢い選び方を今日はアドバイスしようと思います。

キャッシング会社を選ぶ際、まず気になるのが金利などの利用条件ではないでしょうか。確かに金利などの利用条件はとても重要ですが、もっと重要なのはまず自分自身の置かれている環境や状況であると思います。例えば、キャッシングを利用したいけどすぐに返せる予定がある人と、キャッシングを利用するけど長期間に渡って返済をしていきたい人とでは全然違いますよね。
そういった自分のタイプに合わせてキャッシング会社を選ぶことが重要だと思います。

小額を借りるのか、すぐに返済するのか、ビジネスで利用するのか、主婦や学生なのか、女性であるのか…etc、これによって利用するキャッシング会社も変わってくるはずなのです。単純に業者の利用条件などを比較したキャッシング比較サイトは数多くありますが、あれを見ていてもイマイチ悩んでしまうという方は、自分に合った方法で比較してくれるサイトを見つけてみて下さい。

今回お伝えしたような比較方法であればおのずと自分が利用するべきキャッシング会社が見えてくることでしょう。キャッシング会社選びはどこを選ぶかではなく、どこが自分に合っているか…なのです。

この考え方でキャッシング会社を選んでみて下さい。
きっとすぐに決まると思いますよ。

現代社会の金融事情

最近のニュースではボーナスがアップしたなどと景気の良いニュースが飛び交っていますが、その一方でマクドナルドが業績不振だとか、最も新しいニュースではワタミが初めて赤字になるだとか景気の悪いニュースもあります。

一体今の日本の経済状況はどうなっているのか。
景気が良いのか悪いのか本当はどっちなの?

…と、疑いたくなるようなニュースが毎日のように流れてきます。

ある経済評論家の話では、今の好景気に感じられる背景にあるものは単なる円安によるもので、実質的な景気の上向きではないと唱える方もいらっしゃいます。

確かに、本当の好景気であればマクドナルドやワタミなんかが業績不振などというニュースは出て来ないのかもしれません。また、ボーナスアップというニュースにおいても、ほとんどが大企業の数字がベースとなっていますから、海外にも拠点を置く大企業の場合は円安によって業績がアップしているところが多いのも事実です。

ですが、地方の中小企業なんかは円安によって業績が悪化する会社もたくさんありますし、そういうところではボーナス自体がそもそも無かったりします。そういう数字はポイントとして加算されませんから、ニュースに出ていることだけを真に受けず、自分の足もとを見ながら冷静に対処することが重要かもしれません。

実際、私の周りでは借金を抱えている人も多くいますし、中には闇金にまで手を出してしまっている人もいます。個人的には闇金など映画の世界だけだと思っていましたが、ネットで調べると闇金相談所などを紹介するサイト(http://www.aclearn.net/)などがあったりするなど、現実の経済状況はやはり厳しいと言えるのではないでしょうか。

景気の良いニュースは嬉しくなりますが、だからと言って自分を見失わないように注意が必要だと思います。ただ、今回言えることは、間違っても闇金にだけは手を出してはいけないということです。いくらお金が無いと言ってもそれだけは絶対にやってはいけません。友人を見て本当にそう思いました。

はじめてキャッシングを利用する人にキャッシング経験者がアドバイス

忘年会、新年会とお金がどんどん出ていくこの季節。

早くもお金が足りるだろうかと心配で夜も眠れない万年金欠男の私です。

そんな私がキャッシング初心者の皆さんに一つアドバイスをしたいと思います。

キャッシングで一番大切なことって何だか分かりますか?

キャッシングでもっとも気をつけたいのは、金融機関の選び方です。

金利、最高限度額、即日融資など色々な条件を比較して、いかに自分に合う金融機関を探し出すかが大切です。

特に金利については、申し込む前にきちんとチェックしておきたいですよね。

金融機関は大きく分けて、銀行、信販会社、消費者金融がありますが、この三つの中で一番金利が低いのは銀行です。ただし、銀行は審査が最も厳しいと言われており、融資のスピードも早くはありません。

また、金利面は重要ですが、急いでお金を借りる必要性に迫られた場合は、融資のスピードもチェックする必要があるでしょう。

消費者金融は金利面では銀行には敵いませんが、即日融資に関しては他の金融機関の追随を許しません。大手消費者金融が即日融資してもらえる可能性が高いことはキャッシング業界の常識となりつつあります。

いかがでしたか。

すぐにお金を必要としていない場合は審査に時間がかかるけれど、金利が低い銀行を利用しましょう。

即日融資して欲しい場合は、金利は高いけれどスピード融資できる消費者金融を利用しましょう。

状況によって、自分に合う金融機関を使い分けることが大切です。

ユニクロの製品は本当に安くて良い商品?

ユニクロというと今や日本を代表するアパレルブランドであって、誰もが何かしらユニクロ製品を一着は持っているのではないでしょうか。

実際にユニクロに行くとお客さんが多く、週末ともなるとアパレルブランドだというのにレジには行列が出来ていたりします。テレビコマーシャルでもユニクロのそれはすごく洗練されていて、かつてのダサくて安いというイメージからオシャレで安いというものにすっかり変わってしまいました。

昔はデザインが良い洋服というのはそれなりのお金を出さないと買えないものでしたが、今ではユニクロをはじめ、海外のファストブランドの製品のデザインは秀逸なものが多く決してブランド品に引けを取りません。

そんな、日本を代表するファストブランドのユニクロですが、久し振りにユニクロに足を運んだら妙な違和感を感じました。それは、安い…ではなく、高いと感じてしまったことです。ユニクロの代名詞として「安い」というものが一つ挙げられると思うのですが、今では1万円くらいするものも平気で売られていて、かつてのような衝撃的な安さを感じることはありませんでした。

それよりも海外のファストブランドに比べて高いと思ってしまったくらいです。

そして、その時に買ったユニクロ製品ですが、最初はすごく素材もデザインも良かったのですが、一度洗ってしまうとデザインも崩れますし、なんだか素材も弱弱しいものになってしまいました。まさに安かろう悪かろうを代弁しているかのようなクオリティにがっかりしてしまいました。

ユニクロが良品で安いというのは、今や単なる妄想なのではないかとすら思いました。

皆さんはユニクロ製品をどう思いますか?

今持っているユニクロの製品、本当に良いものですか?
価格に見合っていますか?
ユニクロだから安心だとイメージが先行していませんか?

個人的にはちょっとユニクロ製品を買うのは控えようと思っています。