キャッシング審査で避けるべきこと

キャッシング審査ではやってはいけないことがあります。
それは比較審査であり、例えば気になる業者が5社あるとき、立て続けに5社で審査を受けてしまうような行為をしてはいけません。
申込者がいつどの業者で審査を受けて、契約できたかどうかというデータは、すべて個人情報機関に残っています。
いろいろな業者で審査を受けてダメになったことを知れば、その他の業者も警戒するでしょう。
しかし、比較審査を行っても問題ないケースもあり、それは簡易審査になります。
仮審査、借り入れ診断などと名称はいろいろありますが、どれも同じものです。
仮なので詳しい個人情報は不要であり、氏名も住所も記載しなくていいのです。
自分であることを業者に知らせる必要がないので、この審査であれば5社で受けても何ら問題ありません。
過去のキャッシングの審査と同じ感覚で考えている方は、今の審査基準に合わせる必要があります。
昔よりは借りるのが確実に難しくなっており、昔の100万円と今の50万円では、後者のほうが借りるのは難しいです。
30万円~40万円借りる感覚と同程度と考えるといいでしょう。
そして、総量規制という貸し付け制限について知っておくことも大切です。
銀行は適用外ですが、消費者金融は総量規制による制限を受けるので、希望する金額は年収を3で割った金額よりも少なくする必要があります。
年収500万円では、決して200万円の融資を受けることはできませんので、多くとも150万円くらいに抑えておくべきでしょう。