Apple Watchについて

前回、iPhone6の記事を書いたので今回は続きということで、
iPhone6と同時に発表された「Apple Watch」について書きたいと思います。

個人的にはiPhone6よりもこちらの方に興味がありました。

アップルが時計を発売するということで、
これまでの時計といえば高級時計がステータスでしたが、
今後はスマートウォッチもステータスの一つになるかもしれません。

お金持ちがハイブリット車に乗る今の時代、
お金持ちがスマートウォッチを身に付けていてもなんら違和感はありませんし、
おじさんがスマートウォッチを付けていたらむしろ今風でかっこいいと思いませんか?

そんな気になるApple Watchですが、なんといっても最大の魅力は文字盤が画面になっていることで、これにより画面が色々なものに切り替えることが出来ます。言ってみれば普段私たちが使っている携帯電話の待ち受け画面が時計になったという感じですね。

その画像次第では、時計がポップなかわいい物にもなれば、ロレックスやオメガになったりもする訳です。一つの時計で色々な時計が楽しめるのは楽しいですよね!

そんなメインである時計機能の他にも、画面で様々な情報を閲覧出来たり、心拍数の計測が出来たり…普通の時計の何倍も昨日を兼ね備えています。また、時計と言えば普通は電池式だったり、蓄電式だったりしますが、このApple Watchは充電式という今までの時計の概念を覆す仕様となっています。

様々なメディアで画像が出ていますが、はっきりいってかっこいい!の一言です。

ただ、このApple Watchを唯一喜んでいないのは世界の時計メーカーかもしれませんね…。

iPhone6ついに発表

2014年9月9日、ついに待望のiPhone6が発表されました。
日本での発売は9月19日ということですが、今回のiPhone6はどのような物なんでしょうか。

前作のiPhone5よりも画面が大きくなりました。
4インチだった画面から4.7インチへ拡大。
そして、iPhone6 Plusと呼ばれるものは5.5インチと更に大きな画面になっています。

しかも、5.5インチのiPhone Plusはディスプレーが1920×1080とフルHDとなっており、バッテリー駆動時間も前回よりアップしているとのこと。画面は大きくなりましたが、厚みは前回より薄くなり形はこれまでで一番変わったかもしれません。

ただ、iPhoneっと言えば発表と同時に巻き起こる感動があるのですが、今回のはそれがあまりなく、いよいよiPhoneのデザインも限界にきているのかなという印象です。

また、iPhoneユーザーの声としては、サムスンと違い小さいから良かったものの、サムスンに追随するかたちとなってしまったのが残念…というものも。

確かに、iPhoneは独自性を突っ走ってるからこそ魅力があったのですが、ライバルであるサムスンのモデルに自ら近付いてしまったことで魅力が失われてしまった感があるのは否めませんね。

そして、大型画面を持ちたいならiPadを持てばいい…というユーザーの声の通り、iPhoneとiPadの差別化も小さくなってしまったように思います。iPhone6 PlusとiPad miniを持っていてもあまり意味を感じられないということですね。

今回の発表はそれまでにウワサされた通りの物になってしまったような気がしますが、今作のiPhoneをジョブズ氏がいたらどう思うんでしょうね。

個人的にはやっぱりジョブス氏がいた頃のアップル製品の方がワクワク感は断然あったと思います。

まさかアップルがサムスンを追随する展開になるとは…。

個人的には本当に残念で仕方ありません…

自動車業界では異例の復刻販売

車業界ではちょっと異例の面白いニュースが飛び込んできました。なんと、トヨタから平成16年に販売が終了したランクル70という車種が再発売されるというんです。

よく復刻版などといって昔のものがそのまま発売されたりしますが、車の復刻販売はこれまで類を見ませんね。よくあるのが、昔の車種の名前を取ってデザインを一新して発売するのはありますが、昔のデザインのまま再発売するというのは極めて珍しいことだと思います。

これがきっかけとなり、かつて人気のあった車種がどんどん復刻されるかもしれませんね。特に団塊の世代は車が好きな世代とも言われていて、スーパーカーブームと言えばこの世代でもあります。

最近の車もかっこいいですが、昔を懐かしみたいという人も多いと思うので、車の復刻販売は今後大きなビジネスになっていく可能性もありますね。

ただ、かつてよりガソリン代が高騰していたり、ETCやナビが付いていないと不便だったりするので、その辺りをどうするのかが問題になってくると思います。

いや…、でもやっぱり完全オリジナルの方がいいですよね。
無駄に現代風にアレンジしていると往年のファンからすれば余計なことするなと思うかもしれませんからね…。

それにしても自動車業界の復刻販売は面白いニュースですね。

日本車は昔のデザインはかっこいいので、昔のものを復刻して欲しいですが…そうはいかないのでしょうか?

なんだか自動車業界がますます面白くなってきそうですね!

復刻って昔を懐かしんだり出来るのですごく良いと思います。

ただ、値段はどうなるのでしょうか。
ここも当時と同じ価格だとなると…購入はちょっとためらってしまいそうですけどね…。